・*.✳︎.霧島市で一面の銀世界がきれいに撮れる場所.✳︎.*・

LINEで送る

南国かごしまも正月あたりに雪が降る年もあります。(桜島 2018年初冠雪1/10)

山頂は白銀ですが、下場の生活圏まで雪が降ることはあっても、積もることはめったに無いです。すぐに太陽光で溶けてしまいます。日陰で凍結した所には注意ですが!

霧島市は地理的に、南に冠雪した桜島、北に冠雪した霧島連山を眺めることができますよ♪ ↓↓↓

美しかですねぇ。。。

↑↑こちら霧島連山の韓国岳(雲に隠れた左側の部分)冠雪時は、韓国岳(カラクニダケ)の足元「大浪の池」へ行けば、一面の銀世界を撮影できます.:*※.・

大浪池登山口から徒歩1時間以内で、石で整備されている登山道上は、晴れの日は雪が溶けて歩きやすく、雪山装備がなくても辿りつきやすい!!(濡れて滑りやすくはなりますが雪の中を歩くイメージはない)

ただ、気温が低すぎて、私のiphone4sは大浪池で2枚撮影してスリープ状態に(-_-)。。。せっかく登るなら、頑丈なカメラがいいですね☆
一面真っ白できれいに(かな~り寒そうに)は撮れたので、またの機会にupします。

また、歩きやすくても、山の天気は変わりやすく、途中で吹雪いてくることも考えられるので油断は禁物!?!近くの温泉宿などに滞在して暖まりながら、しっかり晴れた日のタイミングを見計らうといいかもしれません。

カテゴリー: Blog   パーマリンク

コメントは受け付けていません。